マンション査定を依頼しよう~マンションの売却でテンションアップ~

ポイントを理解

物件を紹介する女性

省エネ住宅ポイントの概要

省エネ住宅ポイントとは、省エネ住宅に関するポイント制度と呼ばれ、省エネ住宅を新築した場合や既存の住宅をエコリフォームした場合に、ポイントを発行する制度である。発行されるポイント数は、省エネ住宅を新築した場合が、1戸あたり30万ポイント、既存の住宅をエコリフォームした場合が、対象工事ごとのポイントを合計し、1戸あたり30万ポイントが限度となる。耐震改修を行う場合は、1戸あたり45万ポイントが限度となる。省エネ住宅を新築した場合は、所有者が自ら居住するために取得する住宅が対象となる。既存の住宅をエコリフォームした場合は、全ての住宅が対象となる。ポイントは、さまざまな商品券やプリペイドカードに交換が出来る。

ポイント制度の特徴について

省エネ住宅ポイントは、従来の(復興支援・住宅エコポイント)制度と比べてさまざまな違いがある。まず対象期間では、省エネ住宅ポイントは、着工は契約締結日〜平成28年3月31日となった。対象住宅では、省エネ住宅ポイントは、完成済の新築住宅の購入が追加された。対象住宅の性能用件等のリフォームでは、省エネ住宅ポイントは、設備エコ改修(エコ住宅設備3種類以上)が追加され、高効率給湯器、節湯水栓が追加された。ポイント数(リフォーム)では、省エネ住宅ポイントは、工事内容に応じた分が3千〜12万ポイントに変更され、既存住宅購入を伴うリフォームはポイントが加算される事になった。交換商品では、省エネ住宅ポイントは従来の制度と変わりはない。